夢の扉 
作詞・作曲・編曲 WATARU 

悲しみを超えて喜び 挫折を越えて大きくなる 
涙の後には笑顔に  苦しんだ後には生まれ変わるから 

この先辛い事があっても乗り越えていけるから 
人は誰もか弱いところあるけれど強くなれるから 

勇気と力が君にもあるから 神話の勇者の様に 
恐れるものはないから 


心が曇りでも晴れる 晴れた後には虹が光る 
目の前が真っ暗になっても 光が導いてくれるから 

この先辛い事があっても乗り越えていけるから 
人は誰もか弱いところあるけれど 強くなれるから 

勇気と力が君にもあるから 輝かしい未来に向かって 
強く生きて  

恐れなど捨ててしまえ 立ち向かえばいい 
夢を叶えるのは 自分次第さ 

希望の鳥 
作詞・作曲・編曲 WATARU 

遠くの雲を見つめ揺らして      
幼き頃の夢今叶えに行く 


羽ばたく鳥翼広げ君を乗せてどこまでも行くよ 
25時の空目指して夢へと 

      
君が描いた夢は終わりじゃなく始まりで 
未来の地図を広げて探しに行くよ 


どんなに辛くても道は開けるから     
明日を忘れないでどこまでも飛んで行こう 
    
      
夢を決して諦めず力強く羽ばたいて 
勇気の翼が七色に輝く 


君が描いた夢は終わりじゃなく始まりで      
大人になった今でも叶うよ  


輝く日々の中で生きて行こう 
希望の鳥は君の心に居るよ

 

忘却の恋 
作詞・作曲・編曲 WATARU 

海を見つめながら 懐かしい潮の香りがした 
君と過ごしていた 夏の日を思い出す 

君を好きになる心 誰にも負けない思い 
目の前の先何も見えず 追いかけていた 

大切な想い 不器用だけど気持ち伝えて 
君の心を 優しく包んでいた 

悲しい程かけ離れている 理想と現実は 
叶わない思いと悔しさで 胸が苦しいよ 

永遠と言う言葉を 信じていたけど 
別れの時が 来るなんて思わなかった 

さようなら愛しき人よ ああ~ さようなら 
大切な思い出 涙に込めて 

もう会えないけれど 君に会えて良かった 
心を込めて 「ありがとう」を君に贈るよ 

さようなら愛しき人よ…

存在 
作詞・作曲・編曲 WATARU 

時の風が冷たくて 嫌になる日もあるけれど 
それでも人々のドラマを乗せて 時間は動いて行く 

日々の暮らしの中で 嬉しい事も悲しい事も 
人生のシナリオは 思い出に変わり刻まれて行くよ 

時計の針は止まることを知らず 走り続けるよ 
生きる意味を探し求めて どこまでも旅立つよ 
未来へと 

自分だけのストーリー 果てしないドラマ描くよ 
シナリオをつづる毎日に 今日も思い出の一ページ残して 

パズルを組み立てる様に ドラマを組み立てる 
抜けたシナリオを埋めて行けば まだみぬ未来が見えて来るさ 

時計の針は生きる意味を求め 君を導くよ 
いつの日か必ず わかる日が来るから 

誰にも描けない命の物語が ここに存在するよ 
自分を愛し今ここにいる意味を 決して忘れないで 
IN MY SOUL 

青春時代 
作詞・作曲 WATARU 

窓から眺める景色が 涙で色あせてゆく 
東京行きの切符手に入れ 故郷に別れを告げる 
  
一度きりの人生だから 自分を信じて夢を叶えよう 
この広い都会の夢の舞台で 僕の新しい人生始まるのさ 

青春時代に涙流し傷つき 夢を探し人生の旅に出るよ 
ロマンを求め何処までも これが僕の生きる道だから 

都会の片隅にたたずんでる ちっぽけな僕がいるけれど 
自分を見失わないように 明日を見失わないように 

二度とは戻らない今この瞬間を 一人で噛み締め 
例えそれが険しい道でも 自分の夢叶える為強く生きて行け 

青春時代に涙流し傷つき 夢を探し人生の旅に出るよ 
ビジョンを描いて何処までも 生きる道に光照らすよ 

たった一つの夢を叶えると 自分の心に誓った熱い想いは 
輝く未来へ届けるよ 夢を叶えるその日まで

絆 
作詞・作曲 WATARU 

10年前僕らは出会った 共に夢追いかけて 
大切に熱い友情を育んで 僕らは支え合った 

がむしゃらに駆け抜けた 青春時代と 
最高の仲間達は 人生の宝物 
この10年で築いた宝物を 君の思い出に刻み届けよう 

君に出会えたことに 感謝しているよ「ありがとう」 
俺達の熱い友情は 最高に輝いているよ 

「故郷に帰るよと」連絡を 貰った時寂しかった 
涙こらえることも出来ず ただ部屋で一人泣いていた 

人は出会いと別れを 繰り返して行くけれど 
こんな素敵な友情は もう巡り会えないと思った 

もうすぐ故郷へ 帰ってしまうけれど 
俺達は強い絆で 結ばれているよ 

宮城の故郷にもう一度 希望の光と平和を 
復興の夢を故郷の 為に叶えて欲しいよ 

君の夢は皆の願いだから 僕らも祈りを捧げよう 
願いは雲を突き抜けて 舞い上がれ未来の宮城へと 

「絆」曲紹介♪

この「絆」は、東京に上京して10年以上親しくしていた親友が、震災後復興の為に宮城の実家へ帰る事になり、その応援歌として書き下ろした、熱い男同士の友情をテーマにした曲です!この曲を作っている時…、そしてライブで歌っている時…。
何度も親友のことを思い出して泣きながら曲を書いたり、ライブの時涙をこらえるのに必死で最後まで歌えなかったり色々と思い出しました。こうしてメッセージを打っている間も親友のことを思い出しながら、泣けている自分が居る今日この頃です。